お風呂の中の哲学者    (お風呂の中から考える)

このブログはお風呂の中で書きます。湯舟に浮かびながら、ふんわりした気持ちで頭に浮かぶことを書いて行きます。

青空を見るために

雨の夜にクルマを走らせる。

 

クリスマスも近くなってきたのが、

夜だと一層よくわかる。

 

イルミネーションがこれでもか、と

光輝いて、

街を歩く人の顔にも

「今年もあと少し感」

が現れている。

 

そんな空気感が

雨にもかかわらず、

クルマの中にもかかわらず、

感じられるくらいに

街中に充満している。

 

人々の目に見えない期待が、

この時期だけは

見える気がする。

 

「日本人の元々のルーツに

    クリスマスなんて無いよ」

 

うん。

 

確かにそうだね。

 

100年前の日本人が見たら

とんでもなく驚くと思う。

 

「一体、何のお祭りなんだ?」

 

「いやね、この騒ぎはクリスマスと言って

   イエスキリストの生誕を...」

 

と説明したとしても、

100%分かってもらえないと思う。

 

それを言うならば

日本ぽく感じる年賀状って

江戸時代には無かったんだから、

まあ、人の世はそんなもんさ。

 

要は、

騒ぎたいんだろうなー。

 

面白く騒げるのであれば

大義名分は吹っ飛ぶんだろうねー。

 

最近ではハロウィンが

特に東京ではえらいことになってるけど、

そりゃ、ああなるよね。

 

普段、クルマが行き来するような

渋谷の交差点は、

この日ばかりは歩行者が勝者だ。

 

クルマとぶつかって

肉体的に勝ってしまうような人って

恐らく居ないと思うし、

日常の道の上では

クルマがヒエラルキーの頂点に居るし、

勝者だと言える。

 

「歩行者優先」が

交通ルールのキモだけど、

「人とぶつかって、人を傷つけず

   自らが壊れるクルマ」は、

残念ながら発明されていない。

 

しかし、この日ばかりは、

人が勝者だ。

 

クルマより人が強くある日だ。

 

普段、恐怖でおののくクルマに対して、

ひっくり返したり、

ボゴボコとパンチしたりするのは、

ある意味、当然かもしれない。

 

この日ばかりは

ヒエラルキーの下克上が起こってしまう。

 

最近頻発しているパリのデモ。

 

元々の原因がもはや分からないくらい、

長引いているし、

激しくなっている。

 

主張の果てのデモであり、暴動だろうけど、

映像を見ていると、

 

「何かを訴える」

 

というベクトルよりも、

 

「自分たちを解き放っている」

 

ように見える、僕には。

 

普段、暗黙の了解で守らされるルールや、

自分の責任とは無関係なところで設定された

ヒエラルキー

 

そういったものに対する

逆襲に見えてしまう。

 

観光地として名高い

あのパリのシャンゼリゼ通りを

デモ行進するのは、

暴れまわっているのは、

快楽がともなっているように

僕には見える。

 

現代は普段、

それほどまでに、

空一面が重い雲のようなもので

覆われている。

 

時折、その雲を切り裂くような行為が

どうしても必要なのだ。

 

青空を見るために。

 

 

2018年12月11日(火)22:50

You may say I’m dreamer.

久しぶりに働きだした。

 

「遊んでいたの?」

 

と聞かれそうだけど、

当たらずとも遠からず。

とにかく久しぶりに

働きだしてみた。

 

「働く」という事から距離を置き、

「働く」という事で

再び社会にコミットすると、

何だか色々気付かされるし、

何だか色々感じさせられる。

 

正直な感想を言ってもいいかな?

怒られるかな?

まあ、いいか。

 

正直な感想は

 

「会社って、まだこんなこと

   やってんだ⁈」

 

という感じだ。

 

うーん、何て言うんだろう。

 

わかるよ、食べなきゃいけないからね。

わかるよ、お金を稼がなくてはダメだしね。

 

しかし、やはり、人海戦術なのね。

今もって、じゅうたん爆撃なのね。

最後は、泣きおどしなのね。

 

「それを必要としたり求める人に

    それを提供して、対価を得る」

 

そこがすごーく基本の会社としての

スタートだと思うんだけど、違うかな?

 

だから、

「それが必要だけど知らない人」に

おしらせをするのは、

凄く真っ当な行動だと思うし、

必要なことだと思う。

 

でも、

「それを必要としていない人」に

お知らせをするばかりか、買わせる行為って、

そりゃあ巨大な負荷がかかるに決まってる。

 

だって、要らないんだもの。

 

右向いている人の顔を

左に無理やり向けるんだから、

摩擦が生まれるに決まってる。

 

何故、必要な分だけ

提供しようとしないんだろう?

 

何故、求めている人の所へ

求めている分だけ届けないんだろう?

 

過剰さという数字が

僕らを追い越してしまう時、

そこに居る人間には必ず無理やネジれが

生まれてしまう。

 

21世紀も20年経ったというのに、

人類ってまだこんなことしてるのかね⁈

 

そんなのって

みんな、しんどいよね⁈

 

それがしんどくない人ならば、

そういうことをやりたい人ならば、

ごめんね、キミとは友だちになれないや。

話をすることが何にもないや。

 

でも、そういうことに

苦しみや疑問を感じる人なら、

一緒に何かを話したいな。

 

全米の就職人気ランキング

というものがあって、

僕らも見ることが出来る。

 

何年か前に見た時

 

2位は、あの

「ウォルトディズニー」。

 

「そりゃあ、そうだよな」

 

と、半ばアイロニカルに思った。

 

けれど、1位を見て驚いた。

 

ティーチ・フォー・アメリカ(TFA)」

 

なんと、公教育の支援をするNPOだそうだ。

 

NPOが、ウォルトディズニーよりAppleより、

googleよりも「働きたい先」に

ランキングしている。

 

NPOとは「non-profit organization」の略で、

日本語では「非営利目的団体」と言われる。

 

営利を目的としない組織が、

全米で最も働きたい所として

ランキングしている。

 

みんな、気づき始めているんだ。

 

数字が自分たちを

追い越してしまう時に起こる悲劇と苦しみを。

 

そんなことを長くやっていたら、

人間がしぼんでしまうってことを。

 

そんなことなんか

長く続けることが出来ないって。

 

人間の進歩って

テクノロジーのことにフォーカスされるけど、

そろそろ、こういうことに手をつけて

いいんじゃないかな?

 

こういうことって?

 

「それを求めている人と

   それを提供したい人との

   自然で無理の無い

   社会的マッチングシステム」

 

それを、そろそろ作らない?

 

出来るんじゃない?

 

そろそろ、ね。

 

全米1位だよ 笑

 

2018年12月9日(日)23:09

 

 

 

 

 

 

 

 

キミはお腹が空いているかい?

あなたがこのテキストを

いつ読んでくれているかわからないけど、

ごはんを食べる前かな?

ごはんを食べた後かな?

それともちょうど真ん中かな?

 

そのごはんを食べる時、

本当にお腹が空いていた?

空いていたならオッケー!

全くもって問題ない。

 

空いていなかったのなら

時間が来たから?

お腹は空いてないけど気分的に?

むしゃくしゃしてたから?

 

どれにしても

身体のサインではなくて

気分で食べることになるよね。

 

僕も以前はそうだった。

 

朝昼晩と

決まった時間に何となく食べて

(「決まった時間」なのに

    「何となく」って、

      意思があるのやらないのやら)、

空腹ってあまり感じなかった。

 

「これを逃すと8時間は食べられないから

   今食べないとヤバい」.

 

みたいな考えもあったけど、

高い山の登山でもあるまいし、

未開のジャングルを行く

アドベンチャーでもあるまいし、

現代日本ならば

お腹が減ったその瞬間から

空腹を満たせるまでの時間は

それほどかからない。

 

コンビニあるからね。

 

何か、

「来るべき空腹を先回りする」感覚って、

「眠くないけど、とにかく寝なくては」と

いう感覚とそっくりだ。

 

「予告負債」というか

「未来借金」というか、

未だ訪れていない事に対しての備えを

してしまうのは、

農耕民族的と言うべきか。

 

でも、食べる行為と眠る行為は、

快楽もセットで付いてくるもんだから、

いよいよ麻薬的な習慣をおびだす。

 

江戸時代の日本は1日2食で

朝の8時ころと夕方4時頃に食べていたらしい。

 

今の世界(欧米中心)のスタンダードが

1日3食なのは、

トースターを発明したエジソン

トースターをガンガン売れる為に

パンをたくさん食べて欲しくて、

「パンで朝ごはん」を習慣化させた

みたいな話もある。

 

つまり、エジソンマーケティング

まんまとやられてるワケだ。

 

エジソンマーケティング」と

「動物としての本性」では

どちらの方が大切?

 

そりゃあね...

 

エジソンマーケティングには

世界人類希望で1世紀以上は

付き合ったんだし、

ここらで動物に戻っておかないと

いよいよ動物としては末期だ。

 

キミは、お腹が空いているかい?

 

2018年12月6日(木)22:46

 

 

 

 

 

 

あの日の未来に生きる

20世紀からすると

21世紀というのは

とてつもない未来だったみたいだ。

 

「21世紀」という言葉の響きは、

そのまま「未来」を意味していた。 

 

20世紀に想像されていた21世紀の街は、

クルマが空を飛び、

家にあるディスプレイは

テレビ番組を観たり、何かを注文したり、

食事はガンガン自動で出てきて、

もちろん掃除なんかも自動。

 

職場や家庭では

人と人に似た形のロボットが共存し、

人間と難なくコミュニケーションを取る。

 

何故か着ている服は宇宙服ぽい

タイトなものだった。

 

もうすぐ終わる今年は2018年。

21世紀になって20年近くになる。

もう、立派に21世紀だ。

21世紀の1/5 が終わろうとしている。

 

2018年の今、20世紀の人が夢想した

「未来感キラキラの21世紀」

になっているだろうか?

 

20世紀の当時に思っていたほどでは

ないんじゃないかな。

 

まだクルマは空を飛んでいないし、

いくらか自動化した部分はあるけど、

食事が完全に自動で出てはこない。

 

もうすでに居るはずだった

「人間とガンガン

    コミュニケーションをとるロボット」

も、まだ登場していない。

 

あの時夢想した未来は、

実現したものもあり、

まだ実現していないものもある。

 

採点としては、ちょぼちょぼだな、と

現代を生きる僕らは思う。

 

でも、20世紀を生きている人を

この21世紀に連れてきたら、

かなり驚くのじゃないだろうか?

 

スマホで生活のほぼ全てをすませてしまう

そんな様子を見たら、

 

「未来だ!」

 

と、思うんじゃないかな。

 

あの日の未来に生きる僕たちは

中々そうは思えないんだけど。

 

これって、「幸せ」と似ている気がする。

 

幸せも、その真っ只中に居る時は

「幸せだなー」と、

リアルタイムで体感しにくいと思う。

 

振り返って、

「ああ、あの時は幸せだったなあ」と

思うことか多い。

 

その真っ只中で

幸せを味わい尽くすことは

とても難しい。

 

なぜなら未来も幸せも

「サッ」と通り過ぎるからだ。

 

いや、長くとどまってくれたのかも

知れないけれど、

ほんのりとした「兆し」の時間が

長いのだ。

 

全てを現している時間が短いのだ。

 

だから、ぼんやりしたり感性が鈍ければ、

通り過ぎた後に初めてわかるのだ。

 

そんなの嫌だよね。

 

「あの日の未来に生きている」

「今が幸せの只中だ」

 

と、ビシビシ感じて生きていたい。

 

2018年12月5日(水)0:09

 

 

自分以外のもう1人

まだこの世に存在していないものの

誰も見たことのないものへのチャレンジは、

ある1人の人間の頭に産まれてた

モヤモヤからスタートする。

 

「こういうものがあればいいのになあ」

「どうしてこういう事を誰もしないのかな」

「むしろ、これはやめるべきでは?」

 

まだ世間的に「正解」が

確認されていないもの

 

まだ誰の目にも

姿かたちを現していないもの

 

そういうものを思いついてしまったら

作りたくなるのが人情だろう。

 

だって、僕の頭の中では

素晴らしいことになってるから!

みんなにも見て欲しいし、共有したい。

 

とにかく分かって欲しくて

 

「こんな感じのものなんだけどね〜」

 

と説明するけれども、

聞いている人の顔は

「?」「(苦笑)」

という感じになる。

 

無理もない。

だって、今は存在していないのだから。

 

いや、僕の頭の中には確かにあるけれど、

キミの目の前には見えてないよね...

 

こうなると、作るしかない。

やるしかない。

 

のだけれどね。

 

今も昔も、そんな目にあってしまった人は

居るみたいで、

100年ほど前の日本のある人は

 

「世の人は我を何とも言わば言え

   我なす事は我のみぞ知る」

 

と、言ったらしい。

いやあ、えらくカッコいい!

 

うん、カッコいいんだけど、

少しツラいなあ。

僕ならばね。

 

自分の頭の中では

素晴らしい事になってるけど、

自分1人だけってのも何だかサビしい。

 

願わくば、あと1人くらいは、

僕の頭の中で素晴らしい事になっている事を

一緒に盛り上がれたらなあ。

 

自分以外のもう1人が

「面白いね、それ!」

と言ったモノって、

結構アリなのかもしれない。

 

モヤモヤからスタートして

モノを作る人をクリエイターと言っても

良いと思うんだけど、

どこか1人ぼっちというイメージが

勝手に出来上がっている。

 

でも、世間を見てみたら

 

「クリエイター複数人チーム」

 

って、わりとあるみたいだ。

 

先ずは言わずと知れたアップルの

スティーブ・ジョブズ

スティーブ・ウォズニアック

 

今や世界一の大富豪である

ビル・ゲイツポール・アレン

マイクロソフトを作った。

 

日本にも居る。

「世界のホンダ」を回していたのは

エンジニアの本田宗一郎

財務を取り仕切る藤沢武夫

 

 

スティーブ・ジョブズビル・ゲイツ

本田宗一郎と言った

「我なす事は我のみぞ知る」

的マインドに見える超絶個性的な人でさえ、

コンビであった。

 

1人ではなかったのだ。

 

もちろん、1人で完結出来る人も居る。

 

けれども、1人かコンビか

果たしてどちらが偉いのかなんて、

決められないし、決める必要がない。

 

けれとコンビならば

旅としてはとても楽しそうだなあ!

と思うんだよね。

 

 

2018年12月2日(日)23:23

 

 

 

 

 

ももクロはグレイトフルデッドだ

ももクログレイトフルデッドだ!

 

そう言うと、

怒られるか、分からない表情をされるか、

笑われるか。

 

どのみち、まともに取り合って

もらえないだろうな。

 

しかし、この二組は

驚くほどに共通している。

 

ショービジネスの世界というのは

プレイヤーの決定権というのは、

それほど無い場合が多い。

 

「どういう方向性で行くか」

「各メンバーのキャラクターは?」

「ライブの曲順ってどうしよう?」

「どんなグッズを販売する?」

 

そういう決定は、

プレイヤーではなくプロデューサーに

ある場合が多い。

 

プレイヤーは

「パフォーマンスというパートを受け持つ」

と言ってもいい。

 

悪い言い方をすれば、

従順な部下という感じかな。

 

だから、特に海外のアーティストは

物凄く売れてくると、

全ての決定権を手にしようとする。

 

自分のイメージすることを

パフォーマンスしたいのだ。

 

自分の存在そのものを

表現したいのだ。

 

グレイトフルデッド

ライブが長い事で有名だった。

 

「だった」というのは

主要メンバーが亡くなってしまい、

今はもう存在しないバンドだからだ。

 

何故長いかというと、

曲の雰囲気や自分たちのノリ、

会場の雰囲気によって

アドリブが自由に繰り広げられるから。

 

その日、その瞬間にしかない空気感を

共有するかのように、彼らは演奏する。

 

彼ら1人1人は、突出したプレイヤーではない。

物凄いテクニシャンではないし、

異常な何かを持っている訳ではない。

 

しかし、彼らが揃って演奏すると

マジックが起こるのだ。

彼らにしか出せないグループが、

確かに現れる。

 

それは、彼らが彼ら自身を

表現しているからだ。

 

借り物や指示されたものではない

ナチュラルな自分を表現しているから、

アドリブにもストーリーが産まれる。

 

ももクロはデビュー当時から、

「こういうキャラクターで行くように」と

指示されたことは無いらしい。

 

アイドルにしては珍しく

ライブのセットリスト(曲順)も

自分たちで決める。

 

これは本当に凄いことだ。

 

「自分たちはこうしたい」

 

という事をやっている。

 

糸井重里さんは、それを

 

「自分で決めてる感」

 

とおっしゃっていた。

 

パフォーマンスする側が

自分の意思で決めた事を表現していると、

それを支持するファンも

不思議と主体性を持ち始める。

 

グレイトフルデッドデッドの熱心なファンは

デッドヘッズと呼ばれ、

ファン同士の交流が盛んだった。

 

バントのTシャツを着た人を見ると

挨拶を交わしあい、

連絡を取り合っていたらしい。

 

ライブツアーに

ずっとついて行くファンも居て、

あたかもひとつのコミュニティが

移動するかのような雰囲気だったらしい。

 

ももクロのファンはモノノフと呼ばれ、

ライブの一体感は凄いらしい。

 

ライブに行った人の感想によると、

ファンも合わせて「ももクロ」という

雰囲気になると。

 

その空気感は

他のアイドルのライブとは

かなり違うらしい。

 

それと、凄く重要なのは

両者ともライブの集客が凄まじい。

 

グレイトフルデッドのライブは

スタジアムクラスが基本。

 

ツアーはアメリカ各地の

スタジアムをまわり満員にする。

 

ももクロ

東京ドーム、日産スタジアム

5万人以上のキャパシティの会場でのライブが

定例化している。

 

突出したメンバーが居ないのに、だ。

 

 

目立った誰かがリーダーシップを

取るわけでなく、

みんなで自分たちの方向性を考えて、

それを体現してゆく。

 

失敗も成功も取り込みながら

前へ前へと進んでゆく。

 

それはまるで物語だ。

 

そのストーリーをひとたび見てしまうと

ハマってしまうなあ。

参加したくなるよね。

自分も登場人物になれてしまうもんなあ。

 

ももクロのライブ

行ってみたい。

 

2018年12月1日(土)23:02

 

 

 

 

 

 

ジャジューカ

その男のずっとファンだ。

 

とてつもなくカッコよく

とてつもなくハンサムだ。

 

世界一長く第一線で活躍するバンドを

作った。

 

彼が居なければ、

そのバンドはこの世に存在しない。

 

バンドの名前を決めたのも彼。

 

バンドのスタート時にはオリジナルではなく

カバー曲をたくさん演奏、レコーディング

したけれども、

その選曲のセンスは彼によるものだ。

 

彼はどんな楽器でも

1、2時間あれば

弾けるようになっていた。

 

ウィキペディアには担当パートとして

 

ボーカル
ギター
ハーモニカ
キーボード
アパラチアン・ダルシマー
トランペット
トロンボーン
メロトロン
シタール
タンブラ
リコーダー
サックス
パーカッション
オートハープ
マリンバ
スライド・ギター
オーボエ
バンジョー
クラリネット
ピアノ
フォーク・ギター
シロフォン

 

と、記してある。

 

バンドの中で音楽的センスは

間違い無く彼が一番だった。 

 

 

彼は何にしても過剰だった。

 

音楽的才能は、過剰過ぎるゆえに

彼を孤立へと追いやった。

バンドをやっているのに、

なのにその才能で

孤立に導かれるなんて。

 

その孤立からか、

彼は過剰に溺れた。

 

過剰に酒に溺れ、過剰にドラックに溺れ、

過剰にセックスに溺れる。

 

「過剰過ぎる才能は、

   時に自分さえも持て余すことがあるのだ」

 

ということを、

彼を見ていて知った。

 

そんな彼は、

自分が作ったバンドからクビになった。

 

自分が作ったバンドなのに、

自分が名付けたバンドなのに。

 

この単純で悲劇的なパラドックスは、

「りんご」という名前の会社を作った

あの男とも共通する。

 

彼はバンドをクビになる頃には

すっかりボロボロになっていた。

 

ハンサムだった顔は

酒とドラックの影響からか

目の下に大きなクマができ、

その目は精気を失い、

立ってる時間よりも

へべれけになって倒れている時間の方が

多くなるほとになっていた。

 

そんな中でも彼は、

産まれついての音楽の才能と嗅覚から、

自分の中の新しい音を見つけている。

 

バンド解散後にモロッコを旅行し、

そこの部族の演奏を録音した。

 

しかし、あまりに土着的過ぎるというか、

土着的なままの音楽だったので、

世間の参道は全く得られなかった。

 

アルバムのタイトルは

録音した村の名前が付けられた。

 

彼は...

既に地上には居ない。

 

27歳で死んでしまった。

 

彼が地上を去ってから

来年で50年になる。

 

僕は彼が地上にいる時

まだ産まれていなかった。

 

自宅のプールで死んでいるところを

見つけられた。

 

アルコール、

ドラックの過剰摂取による溺死とも、

他殺とも言われている。

 

彼が作った、彼がクビになったバンドは

たまたまその2日後、

大きな公園でフリーコンサートを

することになっていた。

 

彼の死によって、急遽、

追悼コンサートになってしまった。

 

27歳で死んでしまったからか、

その才能のあり方からか、

年老いた姿が全く想像つかない。

 

恐らく、

リアルタイムで生きている姿を

見ていたとしても、

想像出来なかっただろう。

 

 

彼の名は

 

ブライアン・ジョーンズ

 

世界で1番、カッコいい男。

 

2018年12月1日(土)0:21